【無双】Webマーケティングスキルを身につければ人生が楽になる!?

ビジネス

近年、注目を集める職種「Webマーケティング」を学習しようと考えているけど、尻込みしている方向けの記事になります。

この記事を書いている僕は大学3年の夏ごろから広告運用やWebマーケティングに絞り就職活動を開始し、2020年に晴れてWebマーケターとして内定をいただきました。

その経験からWebマーケティングの仕事内容と入社から半年経過して感じたWebマーケティングを学ぶことのメリットをご紹介します。

Webマーケティングの仕事内容とは?

まずはWebマーケティングとはどういう仕事なのか解説します。
名前だけ先行していますが、実際の仕事内容をきちんと理解している人は少ないです。

というのもWebマーケティング経験者が少ないことと、業務が多岐に渡ることから一部分的には知っていても全体は理解できていないというケースが多いためです。

Webマーケティングの仕事内容を分解すると「集客」「分析」「ファン化」に分けられます。
ひとつずつ紹介していきます。

Webマーケティングの仕事①集客

Webマーケティングの仕事で一番重要なのがこの集客です。
集客ができていないと分析もファン化もできないためです。

Webマーケティングにおいて主な集客方法は2つあります。
SEO」と「Web広告」です。

SEOとは、検索エンジンで検索した時に、自分のサイトが上位に表示されるように最適化していくことです。
検索ユーザーの利便性を最優先することで上位に表示されやすくなります。

時間はかかるものの成功すれば費用を安く抑え、多くの顧客を獲得できるため会社にとって大きな利益となる施策です。

 

Web広告は、検索エンジンで何かを検索した時に表示されるリスティング広告やアプリを利用している時に出てくるバナー広告などのことです。

即効性はありますが費用がかなりかかってしまう施策であり、支払っている広告費以上に利益を上げる必要があります。

効果的な運用が必要になってくるため難易度も高く、費用もかかっているためプレッシャーのかかる集客施策です。

Webマーケティングの仕事②分析

集客に成功すれば次に流入したユーザーの分析に入ります。

SEOであれば、どのようなコンテンツの記事の流入が多いのか、なぜその記事の流入は多いのか、分析しさらに集客を伸ばしていく施策を考えていきます。

また反対に流入が少ない記事は上位表示されていない可能性が高いため、競合を分析し、何が違うのか比較することで全体の流入を増加させることも必要になります。

 

次にWeb広告の分析方法についてです。
多くのWeb広告はクリック数で課金されていく仕組みになっています。

Webサイトの目的がサイトへの到達であれば問題ありませんが、基本的にはサイト内で「資料請求」や「商品購入」してもらうことが目的になるはずです。

広告文に「無料」や「プレゼント」と記入すれば簡単にクリック数は増やすことができます。
ですが実際サイト内に入った時に内容があまりにも違うと無駄なクリックになってしまう費用の無駄使いに繋がります。

見込みの高いユーザーに絞ることも重要になるため、複数の指標を確認する必要があります。

Webマーケティングの仕事③ファン化

そして最後の仕事が顧客のファン化です。
ファン化は集客、分析とは別軸になりますがWebマーケティング業務において重要な施策になります。

企業としては新規で顧客を開拓し続けるよりも、同じ方に繰り返し購入いただく方が工数面でも費用面でも効率的だからです。

方法としては様々なものがありますが主な方法としては「メルマガ」「SNS」が主流です。

また商品を購入してくれるファン以外にも、一緒に働きたいと考えてくれるファンを増やすこともできます。

つまり採用×Webマーケティングです。

通常の選考であれば、早期退職や選考辞退が多くなりますが、ファン化することでエンゲージメントの高まっている求職者は退職率も辞退率も低い傾向にあります。

そのため採用に悩んでいる企業が多い現代では、採用の面でもWebマーケターは活躍できます。

Webマーケティングを学ぶメリット

Webマーケティングを学ぶことで、ビジネスや就職・転職領域において大きなメリットがあります。

お金を稼ぎたい」「良い会社に就職したい」「会社で活躍したい」という方に嬉しいメリットになっています。

就職に有利になる

Webマーケティングは、「物が売れる仕組みを作る」「利益を伸ばす」ためのスキルです。
この能力は、業種関係なくどの企業でも求めているスキルです。

またIT人材不足といわれている現代で、Webマーケターは基本的にITにも精通しているため市場価値は非常に高いといえます。

そのため就職や転職活動中、Webマーケティングスキルを持っていることは重宝されます。

論理的思考の癖がつく

Webマーケティングの仕事内容は、利益を伸ばすために解決すべき課題を分析し、仮説を立て施策を考案、その策が上手くいけば好調要因を分析、上手くいかなければまた仮説を立て施策を考案していきます。

この流れを何度も実践することで論理的思考力が身につきます。

論理的思考力は、どの業界どの仕事でも活かせるスキルです。
理由はとにかくたくさんあります。

例えば綺麗に話の筋が通っているため、会話(商談)が上達する。

同様の理由でわかりやすい文章、伝わりやすい資料を作成できるようになる。

課題解決した際に、なぜ成功したのか理解しているためノウハウを残せる。
もちろん問題解決能力も向上するなどのメリットもあります。

就職や転職に置き換えるとES、面接が無双できるようになるということです。

副業を始めやすい

Webマーケティングと副業は相性がいいです。
Webマーケティングの知識を活かせる副業は世の中にたくさんあります。

しかしながら、Webマーケターは需要に対して不足しているため、案件を高単価で獲得しやすい傾向にあります。

もちろんブログ・アフィリエイトやSNSなど個人で収益を上げることもできます。

Webマーケティングを活かせる副業一覧
  • ブログ
  • ライター
  • コンサル
  • アフィリエイト
  • SNS運用代行
  • LP制作
  • 広告運用
  • SEO対策

ざっと挙げただけでもこれだけの種類があります。
参入障壁も低く、収益化しやすいためWebマーケティングスキルは副業と相性が良いということです。



まとめ

今回は、Webマーケティングの仕事内容の概略と学ぶメリットを解説しました。

学生であればごく稀にインターンの求人が出ていることもあるのでチェックしてみてください。
社会人であれば未経験からの就職難易度は高いため、ブログやSNS運用を個人で行いアピールしましょう。

またインターネットを使わなくなることは考えられないので将来性も問題ありません。
少しでも興味があればぜひ挑戦してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました