【マスクで肌荒れ】withマスク時代でも美肌に保つ方法を厳選!

スキンケア

「マスクをつけるようになってから肌が荒れた」と悩んでいる方も多いはずです。
中には、これまでニキビができたことがないのに、初めてニキビができて悩んでいるという話も聞きます。

かといって、今のご時世マスクを外すわけにもいきません。
そんな悩みを持つ方に、今のwithマスク時代を乗り越えるための秘訣を紹介します。

本当にマスクが原因で肌荒れする?

結論からいうとマスクで肌は荒れます。

マスクの素材が肌に合わなくて肌荒れしてしまうこともありますし、洗えるマスクの場合、洗剤が残ってしまい、それが刺激となり肌荒れすることもあります。

ここでは、マスクによる肌荒れの原因で代表的なものを3つ紹介します。
原因を知っておくことで、正しい対処方法を実践できるので押さえておきましょう。

物理的な擦れ(摩擦)

マスクの着脱やズレを直すたびにマスク繊維と肌がこすれます。
それにより角層表面が削られることで、肌のバリア機能が低下してしまいます。

バリア機能が低下すると肌がデリケートな状態になるため、乾燥肌になったり、少しの刺激でも赤みやヒリつき、ニキビが起こりやすくなります。

僕もマスクの少しのズレが気になって直していると、鼻が赤くなったり、ほっぺたが肌荒れしました・・・

ムレ

会話・咳・くしゃみなどで飛んだ唾液による雑菌が、マスク内で繁殖してしまい、肌荒れの原因になることがあります。

マスクの中は高温多湿であり、雑菌が繁殖しやすい環境です。
細菌から守るためのものなのに、雑菌が繁殖しやすい環境になっているんです。

高温多湿により、汗や皮脂も増えるので、アクネ菌が増殖しニキビや吹き出物ができやすくなります。

マスクによってできたニキビを「マスク」と「アクネ菌」を合わせて「マスクネ」と呼びます。
こんな造語ができてしまうほど、今マスクが原因での肌荒れに悩んでいる人は多いということです。

乾燥

 

「マスクの中は高温多湿なんだから乾燥してるわけなくない?」

こんな風に思った人も多いのではないでしょうか。

しかし実際は、マスクを外すとマスク内部の湿気が急激に蒸発します。
この蒸発といっしょに肌表面の水分も蒸発することで、肌が乾燥してしまいます。

乾燥した状態で、長時間放置してしまうと乾燥だけではなく肌荒れやニキビにつながってしまうこともあります。

マスク肌荒れを防ぐ方法

マスク肌荒れの対策は、マスク着用時とマスク着用前後の3つの工程があります。
マスクを着用すること自体は避けられないので、マスクをつけても肌荒れしない対策、事前の肌荒れ対策と外した後のアフターケアを徹底しましょう。

着用時も着用前後も正しい対策をしていれば、肌荒れのリスクは少なくなります。
今から紹介する方法を押さえて実践していきましょう。

マスク着用前の対策

マスク着用前にできることは2つあります。

日頃のスキンケア

日頃のスキンケアを丁寧にして肌のバリア機能を高めることができれば、肌荒れしづらくなります。
化粧水→美容液→乳液・クリーム→日焼け止めの順で丁寧にお手入れすることが大切です。

ワセリンを塗る

マスクを肌が頻繁にこすれる部位にワセリンを塗るというものです。

ワセリンには肌表面にバリアをつくることで、外部からの刺激を緩和する効果があります。
摩擦からも守ってくれますが、乾燥を防ぐ効果もあるためマスクなしでもおすすめです。

特に、マスクが頻繁にこすれるほっぺたや鼻、あご、耳の後ろに塗りましょう。
ワセリンは刺激が弱いため、敏感肌の方でも安心して使用できます。

注意してほしいのは、塗りすぎもよくないということです。
ワセリンを塗りすぎると油分が多くなってしまい、ベタつきやニキビのもとになる恐れがあります。
どんなものでも適量を意識して使いましょう。

マスク着用時の対策

マスク着用時の対策は2つあります。

汗をかいたらこまめに拭く

多湿な環境では雑菌は繁殖しやすいです。
雑菌の繁殖を防ぐために、口周りに汗をかいた際はこまめにふくようにしましょう。

汗をふくのはウエットティッシュがおすすめです。
可能であればマスクをつけなおす前に、保湿ケアをしましょう。

家にある化粧水などを小さな容器に入れて持ち歩くのをおすすめします。

マスクをいじらない

今まであまりマスクをつけてこなかった人は、少しのズレでも気になって触ってしまう人も多いはずです。

しかしマスクの着脱やズレを直すたびにマスク繊維と肌がこすれることで肌荒れします。
なのでマスクをいじらないように意識しましょう。
無意識にマスクをいじってしまっている人も多いので、一度振り返ってみてください。

マスクを外した後の対策

マスクを外した後の対策はスキンケアの1つです。

着用前の対策でも紹介しましたが、マスクの装着前後は肌が荒れやすくなっています。
バリア機能を保つために、化粧水で肌を潤し、乳液やクリームで潤いを閉じ込めるようにしましょう。

肌荒れは時間との勝負です。
マスクを外したらすぐ丁寧なスキンケアをするようにしましょう。

肌荒れ対策番外編

今までに説明した以外にもおすすめの対策方法があるので紹介します。

マスクの素材を変える

マスクにも使い捨てマスクや布製の洗えるマスク、ウレタン製のマスクなどたくさんの種類があります。

肌荒れしやすいマスクもありますが、中には肌に優しいタイプのマスクもあります。
そのためマスクを変えることで、肌への刺激を減らすことができ肌荒れ対策になります。

肌に優しいマスク
  1. 使い捨て不織布マスク
  2. コットン100%のマスク
  3. ウレタン製のマスク

まとめ

マスクによる肌荒れの原因と対策について紹介しました。
原因を理解したうえで、正しい対策をすれば確実に成果は現れます。

早くマスクなしで生活できる環境になることを祈っていますが、今は我慢しましょう。
耐えて耐えて努力を続ければ、土台がしっかりしてきます。
しっかりした土台作りをしておけば、マスクを外した時も明るい気持ちで過ごせる日々が待っているはずです。

めんどくさく感じても、正しい対策でwithマスク時代を乗り切れるように頑張りましょう。

 

洗顔方法の詳しいやり方に興味がある方はこちらの記事も読んでみてください。
【もう肌荒れで悩まない!】症状にあったスキンケアでスピード回復!

コメント

タイトルとURLをコピーしました