【メンズメイク】マスクをしてもメイクが崩れない方法を徹底解説!

メンズメイク

マスクをする時は、顔がほとんど隠れるからノーメイクでいい。せめて目元だけはメイクする。マスクでもフルメイクしたい。など様々な考えの人がいます。

今回は、その中でもマスクをつけていてもフルメイクしたいという方、マスクをつけても崩れたりヨレないならフルメイクしたい方向けに、マスクが原因でメイクが崩れてしまう原因とマスクをつけてもメイクが崩れにくくなるコツを大きく2つに分けて解説します。

マスクでメイクが崩れる原因

初めにマスクが原因でメイクが崩れてしまう理由を解説します。
原因を正しく理解している方が対策もしやすくなるはずです。

マスクでメイクが崩れてしまうのは、主に摩擦・蒸れ・乾燥が原因です。
ひとつずつ解説していきます。

摩擦

マスクと肌の触れる部分はどうしても摩擦が生じてしまいます。
これはマスクとしての機能を果たすためにも必要なので仕方ありませんが、繰り返し細かい摩擦が生じることで、ベースメイクがヨレてしまいます。

蒸れ

会話・咳・くしゃみなどで飛んだ唾液や、呼吸によってマスクの中は高温多湿です。
蒸れると汗や皮脂が出やすくなるため、メイクがにじんでしまいます。

乾燥

マスク内は蒸れているので、意外に思われる方も多いのですが、マスクをつけると乾燥します。
乾燥してしまうのは、マスクを外す時に、マスク内部の湿気が急激に蒸発します。
この蒸発といっしょに肌表面の水分も蒸発することで、肌が乾燥してしまいます。
乾燥肌になると、肌を守ろうと過剰に皮脂が分泌されたり、粉を吹くことでメイクが崩れてしまいます。

メイク崩れを防ぐ方法

ここからはメイク崩れを防ぐ方法をメイク編とマスク編に分けて解説します。

メイク崩れを防ぐ方法-メイク編

マスクメイクのコツは3つあります。

マスクメイクのコツ
  • ウォータープルーフの化粧下地
  • ミスト化粧水
  • 汗や皮脂が出やすい部分はマットに

ウォータープルーフの化粧下地

ウォータープルーフとは耐水性に優れているという意味です。
通常の化粧下地に比べウォータープルーフタイプは、汗や皮脂、蒸れに強いためメイク崩れを防ぐことができます。
※化粧崩れの軽減策であって、完全に防げるわけではありません。

ミスト化粧水

ミスト化粧水は、メイク直しの時に肌に吹きかけることで手軽にどこでも保湿できるというものです。
マスクによる蒸れで起きる乾燥を、ミスト化粧水で保湿することで防ぐことができます。

汗や皮脂が出やすい部分はマットに

おでこや鼻周りは汗や皮脂が出やすい部位です。特に鼻周りはマスクによる蒸れも合わさり過剰に汗や皮脂が出ています。

汗や皮脂が出やすい部分には、ルースパウダーを使うのがポイントです。
ルースパウダーには汗や皮脂を吸着する効果があるため、汗や皮脂によるメイク崩れを防ぐことができます。

メイク崩れを防ぐ方法-マスク編

マスクのつけ方や選び方を工夫することでメイク崩れを防ぎことができます。

マスクをずらさない

話すときにマスクがズレてしまうのは、よっぽどサイズが合ったマスクがない限り対策のしようがありません。

ですが、対策できるズレもあります。
水分補給や軽食を食べるときなどです。

ほとんどの人がマスクを下にずらし、アゴに引っかけたままということが多いはずです。
ですがマスクを下にずらすのは肌がこすれてしまうのでやめましょう。

面倒に感じるかもしれませんが、ちょっとした時間でも耳から外すようにしてください。

マスクが触れる部分にパウダーオン

摩擦によるヨレを防ぐために、マスクと肌が触れる部分にはパウダーを軽くのせましょう。
パウダーを使用することでサラッとした肌感になり摩擦を軽減する効果があります。

マスクの素材を変える

マスクにも使い捨てマスクや布製の洗えるマスク、ウレタン製のマスクなどたくさんの種類があります。
柔らかい素材のマスクは摩擦を軽減できるため、メイク崩れしにくくなります。

素材の柔らかいおすすめマスク
  • コットン100%のマスク
  • シルク製のマスク
  • 使い捨て不織布マスク

※不織布マスクの柔らかさは、コットンやシルクに劣りますが、感染症対策を考えると不織布マスクがおすすめです。

マスクのサイズを変える

マスクは絶対に自分の顔のサイズに合うものを選んでください。
ジャストフィットが理想ですが、なかなか見つけるのも難しいはずです。
それでも可能な範囲でいいので、サイズが合うものを探しましょう。

まとめ

悩む人が多いマスクによるメイク崩れの原因と対策方法を解説しました。
原因を理解したうえで、正しい対策をすればメイク崩れを防ぐことができます。

早くマスクなしで生活できる状況になることを祈っていますが、今はグッと我慢して乗り越えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました