【初心者向け】FXの始め方と初心者におすすめのFX会社を徹底解説

FX

FXとは、ある国の通過を別の国の通貨に交換することで、相場の差によって利益を出す外国為替証拠金取引のことです。
外国為替を英訳するとForeign Exchangeとなり、その頭文字からFXと呼ばれています。

今回はそんなFXの始め方をご紹介します。

リスクもある稼ぎ方なので不安に感じている方も多いはずです。
ですが正しい知識、正しい情報を持っていれば回避できるリスクなので、ぜひこの記事の内容を押さえていってください。

FX会社を選ぶ

まずファーストステップとしてFX会社を選ぶことから始めます。
日本国内だけでも約50のFX会社が存在しているため、初心者の方は、どのFX会社を選べばいいのか悩むはずです。

FX会社を選ぶ時の4つのポイントと初心者におすすめなFX会社をご紹介します。

初心者にもわかりやすいサービス

登録の仕方もわかりづらく、取引画面を見てもまったく内容がわからない。
そんな一見さんお断りのサービスを提供している会社は絶対にNGです。

取引ツールにも様々な種類があり、FX会社によって特徴が変わってきます。
スマホアプリの利便性の高い会社や機能が多数搭載されているツールを提供している会社などがあるため、スペックの高いツールを提供している会社を選びたくなるかもしれません。

しかし、多機能すぎるものを最初から選んでしまうと、オーバースペックでどこに何があるかわからないという状況になりかねません。

初心者の方でも直感的に操作方法を理解できるようなサービスを提供しているFX会社を選びましょう。

取引手数料の安さ

FXを始めるにあたってできるだけ損失を抑えたいと考えるはずです。

FXでは、スプレッドと呼ばれる取引手数料が発生します。
取引を行えば必ず発生してしまうコストなので、スプレッドの狭さは要チェックです。

キャンペーンの活用

多くのFX会社で、登録や取引を適用条件として様々なキャンペーンを実施しています。
キャッシュバックなどのキャンペーンもあり、取引開始の手助けになります。

その他にもお得なキャンペーンも多いので活用していきましょう。

情報コンテンツの充実

FX初心者の方はいざ始めようと思っても、右も左もわからないという方がほとんどだと思います。

スクールなどに通うと費用がかかってきますし、儲けたくてFXを始めるのにいきなりマイナススタートだと微妙な気持ちになりますよね。

ですが安心してください。
FX会社によっては、最新ニュースや動画での解説、オンラインセミナーなどを提供している会社があります。

初めは情報が充実しているFX会社を選ぶようにしましょう。

口座開設・証拠金の入金

口座開設までの手順と証拠金の入金方法をご紹介します。

口座開設の手順

口座開設ボタンをクリックすると以下のような画面に遷移します。

個人か法人か選んでいただき、pdfで形式で添付されている説明書、利用規約、注意点に目を通してください。
問題なければそのまま下に下がりチェック項目を入力していきます。

その後は個人情報の入力です。
氏名・性別・生年月日・電話番号・メールアドレス・住所・ご職業・財務情報・投資経験を入力し次に進みます。

そうすると必要書類送付フォームに進みます。
送付方法は「スマホでのスピード確認」「FAX」「郵送」「メール」の4種類です。

必要書類は以下のようなものです。

必要書類一覧
  • 個人番号カード
  • 通知カード
  • 住民票の写し
  • 住民票記載事項証明書
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 保険証

以上の申請が終わるとFX会社の方で審査に入ります。
審査に通れば本人確認コードが記載されたメールが届くので、本人確認を行います。
以上で口座開設は完了です。

証拠金の入金方法

証拠金の入金方法について解説します。

入金方法は基本的に2種類あります。
クイック入金」と「口座振替」です。

それぞれご紹介していきます。

クイック入金

まずクイック入金についてです。

この方法は取引画面上で24時間即座に入金手続きを進められる方法です。
簡単にできますし、手数料もかからないのでよっぽどの理由がない限りクイック入金を利用しましょう。

口座振替

銀行やATMからFX口座に入金する方法です。
ですが振込時の手数料を負担しなければいけないことや、入金までに時間がかかることからあまりおすすめではありません。

入金金額について

いくら入金しとけばいいのかという疑問を持つ方も多いのですが、初めは50,000円入金してください。

入金金額は証拠金の役割を果たしています。
証拠金が少なすぎる状態で損失が出ると思わぬところで強制ロスカット(取引終了)されることがあります。

そのため、初めは50,000円入金するようにしましょう。
※ほとんどのFX会社がすぐに出金できるような仕組みになっているのでご安心ください。

通貨ペアを選ぶ

通貨ペアとは、取引で利用する2つの国の通貨のことです。
米ドルと日本円であれば「米ドル/円」となります。
左側の通貨を「基軸通貨」、右側の通貨を「決済通貨」と呼びます。

基軸通貨とは、国際通貨の中で中心的な地位を占める通貨のことです。
基軸通貨を基準として取引が行われます。

決済通貨とは、為替市場で他国の通貨と交換がしやすい通貨のことをいいます。
日本円・米ドル・ユーロ・ポンド・フランなどが挙げられます。

通貨ペアを選ぶポイント

通貨ペアを選ぶ時のポイントは4つあります。
順に解説していきます。

情報が入手しやすい

情報が入手しやすい通貨ペアの特徴は、取引量が多いことです。
情報量が多い通貨ペアを選べば、精度の高い分析を実現できるためリスクを減らすことができます。

安心して取引を始めるためにも、最初はマイナーな通貨ペアではなく王道の通貨ペアを選ぶことをおすすめします。

相場が安定している

急激な相場変動により大きな損失を起こさないように、相場が安定している通貨ペアを選びましょう。

相場が安定している通貨ペアの特徴は、取引量が多いことです。
特に米ドルは取引量が多いため、相場が安定する傾向にあります。

スプレッドが安い

FXを初めてすぐに、長期的なトレードから始めるという方は少ないはずです。
最初は誰しもが不安に思い短期的なトレードで練習しようと考えるためです。

短期的な取引を実施する場合は、取引手数料が毎度発生してしまうため、コストがかかってしまいます。
なのでスプレッド(取引手数料)が安い通貨ペアを選ぶようにしましょう。

同じ通貨ペアでもFX会社によってスプレッドの設定は変わってきます。
メジャー通貨のスプレッドが安いFX会社としては「DMM FX」や「SBI FX」が有名です。



スワップポイント(金利)が高い

上で説明した3つのポイントとは別軸になります。
今まではメジャーな通貨ペアで安定した取引を。という軸で紹介しましたが、スワップポイントは少し違います。

スワップポイント狙いの取引は、マイナー通貨とメジャー通貨での通貨ペアを選び、金利差で利益を狙うというものです。
金利が高いと、株のように保有しているだけで利益を出せます。

マイナー通貨とメジャー通貨での通貨ペアのおすすめは「南アフリカランド/円」。
金利が安定しているためスワップにもってこいの通貨ペアです。

おすすめの通貨ペア

初心者の方は「米ドル/円」もしくは「ユーロ/米ドル」を選ぶのがおすすめです。
理由は、取引量が多く、スプレッドも狭いため動きが安定しており大きな損失になりにくいためです。

慣れてきたら利益の出しやすい「ユーロ/円」などに挑戦していきましょう。

まとめ

 

今回紹介した内容で取引の準備は全て完了しています。
それでもFXを始めるのに少なからず不安を抱いているという方も多いはずです。

そのくらいの慎重さを持つことはとてもいいことです。
単純に利益を出すアルバイト等と違い、資産を差し出した上で利益を狙うので損失のリスクはどうしても伴います。

徹底的に情報収集してから始めたいという方は下記のガイドがおすすめです。
FXの情報が網羅された1冊が無料で提供されています。
全128ページとかなりの重量ですが、これを読めば不安も解消されるはずです。


【無料】現役プロトレーダーが総合監修したFX投資E-BOOK図解オールカラー128P 

コメント

タイトルとURLをコピーしました