本当に痩せられる?マッサージのダイエット効果と方法を徹底解説!

ダイエット

できるだけ楽して痩せたいな~

モデルみたいに引き締まったお腹にすらっとした美脚を手に入れたい!

今回はこのように考えている方向けにおすすめの方法をご紹介します。

ズバリ!「マッサージダイエット」という方法です。

体に疲労を感じた時に体をほぐすために行うのがマッサージ。

疲れを癒すためのものなのに痩せられるの?

と誰しもが感じたはずです。
ですが安心してください。

マッサージには間違いなくダイエット効果があります。
全身のダイエット効果はもちろん、特に痩せにくいと言われるお腹周りと太ももを効率よく細くすることができます。

今回はマッサージで痩せられる理由から、マッサージダイエットの効果、効果的なマッサージ方法を解説します。

マッサージで痩せられる理由

初めに残念なことからいいます。
マッサージダイエットは、ダイエットの効果を高めることはできますが、マッサージだけで劇的に痩せられるというものではありません。

ですがダイエットの大きな手助けにはなります。

というのも、マッサージにはリンパの働きを促進する効果があり、リンパを刺激することで老廃物の排出が促され、脂肪がつきにくく、燃焼されやすい体になるという効果があるためです。

これだけでも大きな手助けとなりますが、マッサージにはさらに血行促進の効果もあり、代謝UPが期待できます。

代謝が上がると、運動時の脂肪の燃焼量を上げることができるのはもちろん、何もしていない日常生活の中でも脂肪燃焼効果もあります。

なのでマッサージダイエットを取り入れることで、より効率よくダイエットをすることができます。

マッサージはあくまでダイエットのサポートになるということです!

マッサージダイエットの効果

マッサージダイエットの効果について詳しく解説していきます。

ダイエット以外の効果もあるので、どんな効果があるのか押さえましょう。
どんな効果があるのか意識しながら実践したほうが、効果が高まるからです。

むくみを解消してアンチエイジング

マッサージでリンパを刺激し、余分な水分や老廃物を排出することで、むくみやたるみの改善が期待されます。

むくみを放置し続けると、脂肪が肥大化してセルライトになってしまいますが、
日頃からむくみを改善するようにすれば、新たな脂肪の防止に繋がり、食事制限や運動の効果が出やすくなります。

むくみやたるみは太って見える以外にも、老いて見えてしまいますが、マッサージにはアンチエイジング効果もあるのでおすすめです。

脂肪の消費量・燃焼量UP

マッサージでリンパの働きを促進することで血行が改善され、固まってしまった筋肉や脂肪がほぐれ、脂肪が消費されやすい体になります。

また血流が促進されることで体が温まり、脂肪燃焼効果を高めることができます。
体温が1、2度上がるだけでも脂肪の燃焼量は増加しますし、冷え性の改善にも繋がるためおすすめです。

お腹や太ももの部分痩せ

お腹や太ももは、セルライトや老廃物が溜まりやすい部位といわれています。
マッサージで気になる部位を集中的にほぐすことで、効率よく部分痩せすることができます。

ここからはマッサージ方法について部位別に解説します。
マッサージ前にストレッチを取り入れることで効果が高まるのでストレッチ方法も押さえていきましょう。

マッサージダイエットの方法

マッサージダイエット①お腹

ますはお腹のマッサージ方法についてからです。
ストレッチの方法→マッサージの方法の順で解説していきます。

お腹のストレッチ

方法

①うつ伏せに寝そべる

②両手を顔の真横に置き、脇をしめる

③上半身だけをゆっくりと持ちあげて反らせる

④反った状態で2回深呼吸(10秒が目安)

⑤①~④を3セット

リラックスした状態でエビ反りのような形になるストレッチです。
反りすぎると体に負荷がかかってしまうので、きつくない範囲で上半身を持ち上げましょう。

お腹のマッサージ

方法

①みぞおちからおへその下あたりまで手で流す×5回

②おへその周りを円を描くように流す×5回

③おへその下からそけい部(足の付け根あたり)まで流す×5回

力を入れすぎず、ゆっくり手を動かすように意識してください。
リンパを傷つけてしまう恐れがあります。

マッサージダイエット②太もも

太ももは脂肪が蓄積しやすい部位であり、心臓からも遠いため、リンパの働きが弱くなると血流が悪くなりむくみやすい部位です。
ですが太ももには大きな筋肉があるため、改善すれば代謝も改善されダイエットに効果的なのでおすすめです。

太ももには、前ももと裏ももで2種類のストレッチ方法があります。
どちらも行うことで太もも痩せの効果がUPするので必ず実践しましょう。

前もものストレッチ

方法

①仰向けに寝そべる

②左手で左足の甲を持ち、かかとをお尻につける

③その姿勢で20秒キープ

④脚を入れ替えて①~③を繰り返す

⑤①~④を3セット

太ももの前部分が伸びていることを感じながらストレッチしてください。
初めのうちは体が硬く、少し痛みを感じることもあるので、慣れるまではかかとをお尻につけずに、気持ちのいいところでキープしましょう。

裏もものストレッチ

方法

①仰向けに寝そべる

②片足を持ち上げて、反対側の足は膝を立てる
持ち上げた足は膝を曲げないように真っ直ぐ伸ばす

③持ち上げた方の足首を持ち、太ももをお腹に近づける

④その姿勢で20秒間キープ

太ももをお腹に近づけるときは痛くないギリギリまで近づけるようにしましょう。
ベストは痛気持ちいいくらいの感覚です。

太もものマッサージ

方法

①両足を前に出して座る

②片足の膝を曲げて足の裏全体を指で押してほぐす

③②の姿勢のままふくらはぎを下の方からさするようにほぐす

④膝裏を両手の親指2本で円を描くようにほぐす

⑤膝を伸ばして前ももを下からそけい部(足の付け根あたり)まで揉むようにほぐす

⑥片膝を立てて裏もも全体を軽く叩くようにほぐす

⑦反対側の足も②~⑥を行う
※膝裏にはリンパ節があり、老廃物が溜まりやすい部位なので重点的にほぐしてください。

マッサージをしていて、痛みを感じる部分はリンパが詰まっている可能性が高いので、痛みがなくなるまで優しくマッサージしましょう。

マッサージダイエット③お尻

運動不足によって筋肉が凝りやすく、リンパの流れが悪くなりやすい部位がお尻です。
お尻痩せをすることで下半身全体が痩せて見える効果があります。

お尻のストレッチ

方法

①仰向けに寝そべる

②片方の膝を両手で抱え胸に引き寄せる

③その状態で2回深呼吸(10秒が目安)

④1分間のインターバル(休憩)

⑤①~④を3セット

伸ばしている方の脚が浮き上がらないように意識してください。
あとはリラックスあるのみです。

お尻のマッサージ

方法

①裏ももからお尻を通ってそけい部(足の付け根あたり)まで流す×10回

②そけい部(足の付け根あたり)を親指を使い押すようにほぐす×5回

③反対側も①~②を行う

そけい部は人に触られると、こそばゆく感じる部分です。
そけい部にもリンパ節があり、老廃物が溜まりやすい部位なので重点的にほぐしましょう。

マッサージダイエット④番外編

最後に番外編でおすすめのマッサージダイエットをご紹介します。

腸もみマッサージ

方法

①おへそから左に3センチほど位置(a)を息を吐きながら両手で優しく押す

②(b)に手をずらして①と同様に息を吐きながら両手を優しく押す

③(c)~(f)まで同様に行う

呼吸の仕方は鼻から4秒吸って、口から8秒間吐き出すを目安に行いましょう。
呼吸をしながら腸が刺激されているのを感じながら実践してください。

体験談

就職活動と自粛期間、在宅インターンが重なった影響で、一度は痩せたお腹と太ももがリバウンドしてしまいました。

さらに不運なことに、デスクワークが増えた影響で腰を痛めてしまい運動をすることも厳しい状況でした。

それでもだらしないお腹と太ももを見て何とかしたいと思い、運動をしなくても気になる部位を集中的に痩せる方法を模索しました。

そこで見つけたのがマッサージダイエットというものです。

リバウンドしてから3ヶ月マッサージを継続した結果、ハードな運動なしで明らかにお腹と太ももの引き締めに成功しました。

3ヶ月という長い期間はかかりましたが、確かに効果はありました。

自炊も飽きてきて偏った食事をしていた影響か、便秘の症状もあったのですが、腸もみマッサージの効果で便秘の改善にもなりました。

まとめ

今回はマッサージがなぜダイエットに効果的なのかと、マッサージ方法を解説しました。
マッサージだけで劇的に痩せられるわけではありませんが、確実に効果はあります。

もちろんマッサージには、疲労回復の面でも効果があるので、疲れた体を癒しながらダイエットに取り組めます。

効率よくダイエットをしたいのであれば、マッサージダイエット実践してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました