【座りながらダイエット】自宅やオフィスでできるお手軽ダイエット!

ダイエット

自宅やオフィスで手軽にできるダイエット方法を知りたい!
座りながら痩せられたらいいのに・・・

という悩みを抱える方におすすめの方法があります。

名付けて「座りながらダイエット」です。

デスクワークが中心だったり、家にいることが多い人でも、手軽に痩せられます。
ぜひ今から紹介するメニューを押さえて活用しましょう。

今回は椅子に座りながらできるダイエットメニューと座りっぱなしで運動不足の時に起きる症状も合わせて紹介します。

運動不足で起きる症状

猫背

長時間座っているとどうしても姿勢が悪くなってしまい猫背になってしまう人が多いです。
猫背になると、胸やお尻が垂れてきたり、骨盤が歪んだりなど、悩みを抱える人が多い症状に繋がってしまいます。

むくみ・冷え性

脚は第二の心臓と呼ばれており、血流の循環に重要な部位です。
しかし長時間座りっぱなしでいると、血液を心臓へ送るポンプとしての作用が弱くなります。
そして血流が悪くなってしまい、むくみや冷え性などに繋がってしまいます。

お仕事や学校帰りに脚がむくんでいると感じるのはこれが原因です。
ふくらはぎを定期的に動かすことで解消できる症状なので、ぜひ座りながらできる筋トレメニューを覚えていってください。

肩こり・腰痛

長時間座っていると肩が前に出た状態になったり腰を圧迫していることはもちろんですが、血流が悪くなることにより、肩こり・腰痛が悪化する可能性があります。

長時間同じ姿勢でいなければ防げることなのでここから紹介するメニューを参考に、定期的に体をほぐしてあげてください。

座りながらできる筋トレメニュー

ドローイング

ドローイングは、腹横筋を鍛えるメニューです。
オフィスなどで誰にもバレずに鍛えられるトレーニングなので、運動不足解消を手軽に実現できます。

方法

①背筋を伸ばし浅めにイスに座る

②お腹を膨らませながら息を吸う(限界まで)

③お腹をへこませながら息を吐く(息を吐ききるまで)

④お腹をへこませた状態で30秒間キープ

⑤①~④を5回3セット

鍛えている部位を意識しながらトレーニングをすることで効果が高まります。
今回はお腹を鍛えているので意識してトレーニングしてください。

気をつけてほしいのは、息を吸う・吐くの時に肩が上下しないようにすることです。
正しくトレーニングをすれば、これだけでも効果が出るので気をつけましょう。

ニートゥチェスト

ニートゥチェストは、下っ腹、腹筋下部を鍛えるメニューです。
動きはとても簡単なので初心者の方でも実践しやすいのが特徴です。

運動不足だけでなく下っ腹を気にしている方にも最適なのでおすすめします。

方法

①椅子に浅めに座り脚を伸ばす

②膝を胸に近づけるように持ち上げる

③①~②を15回3セット

とても単純です。

ですが効果を高めるために意識してほしいポイントが2つあります。
それはゆっくりと動かすことと、脚を伸ばしきることです。

これさえ守ればしっかり効果が出るので、意識してトレーニングしましょう。

カーフレイズ

シーテッドカーフレイズは、ふくらはぎを鍛えるメニューです。

ふくらはぎには血流のポンプ機能があるため、筋肉を鍛えることで、血流を改善し冷え性・むくみの改善を期待できます。

方法

①背筋を伸ばし浅めにイスに座る

②脚から膝までが床に対して90度の角度になるようにする

③ゆっくりとかかとを上げる(限界まで)

④かかとをゆっくり下げる

⑤①~④を30回3セット

ふくらはぎに負荷がかかっているのを意識してトレーニングしてください。
ふくらはぎの筋肉の中でもヒラメ筋と呼ばれるものを鍛えるメニューなので、脚痩せ効果も期待できます。

周りにバレることもまずないので安心してトレーニングしましょう。

サクソンサイドベンド

サクソンサイドベンドは、腹斜筋を鍛えることができ、お腹にくびれをつくりたいという人におすすめのメニューです。

腹斜筋は日常ではなかなか使わない筋肉なので、意識的に鍛える必要があります。

方法

①背筋を伸ばし浅めにイスに座る(脚を肩幅くらい広げる)

②両腕をまっすぐ上に持ち上げる(肘は伸ばした状態)

③体を左側に倒す

④①~③を15回3セット(左右)

イメージは横腹の筋肉を伸ばす感じです。
この筋肉が伸び縮みを繰り返すことで、鍛えられます。

楽そうに見えますが、やってみると意外にきついので、初めは少なめの回数でも大丈夫です。
継続することで効果がでてくるので、毎日隙間時間でトレーニングしましょう。

体験談

座りながらダイエットを始めてからどのくらいダイエット効果があったのか解説します。

座りながらダイエットを取り入れたのは、大学時代で、授業はオンラインアルバイトもデスクワークであったため、移動もほとんどせず運動不足に。ストレスもたまり食事量ばかり増えてしまい75kgになった時に始めました。

いざダイエットを始めるぞと息巻いたものの、時間は取れず本格的な運動はできませんでした。

そこで、座りすぎで運動不足になっているなら、その時間に運動ができたら最強だ!と考えました。

座りながらできる筋トレメニューをまとめ、早速ダイエットに取りかかりました。

効果は想像以上で、1ヶ月で2kg、2か月で5kg近くの減量に成功しました。

トレーニングは午前午後1回ずつドローイングニートゥチェストカーフレイズサクソンサイドベンドの4メニューをしていただけです。

30分もあれば全メニューをこなせるので、何かしながら、この短い時間で痩せられるのが嬉しいポイントです。

まとめ

運動不足に悩んでいる肩に向けて、隙間時間や仕事中でもできる筋トレメニューを紹介しました。
座りながらできるので、本当にちょっとした時間でもトレーニングができます。

一気に全てのメニューをやらなくても良いので、少し時間あるなと思ったときに、どれかひとつでやるようにしてみてください。

それだけで運動不足解消にも気分転換にもダイエットにもつながります。
周りにもバレずこっそり引き締まった体をつくりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました